FC2ブログ

もうひとつの6月1日

6月1日はばっくんのお誕生日。
去年まではそうでした。


ですが、
300624 1
今年からはババの命日でもありました。


一周忌を前に
300624 2
お姉ちゃん家族とわたしたちさんにん家族で最後のお別れ会をしました。


去年の5月31日。
わたしはばっくんを渡米させ、誕プレ写真の準備に夢中でした。
大きすぎて小さくし、小さすぎて中くらいに伸ばす。
何度もカメラ屋さんに通い
ようやっと適当なサイズになった思い出写真を飾っていると
ババから電話がありました。おともだちが救急車を呼んでくれたと。


いろんな検査をしたけれどババに目立った異常はなく
原因不明の吐き気やなんかはあるものの
会話もある程度できるせいでわたしは油断をしていました。


あしたはきょうのつづきだと。


当たり前のように流れていた何でもない日常
300624 3
いま思えば、それは当たり前でもなんでもなかった。


翌朝、ババを迎えに行くつもりで支度をしていると電話が鳴り
駆けつけた時にはもうババの意識はありませんでした。


大動脈解離。


ババの心臓につながる大きな血管は裂け
お医者さんもただ見守り、そのときを待つしかありませんでした。


「熱っぽい」そう言って私の手を握る母の手はいつもあんなに温かかったのに
300624 4
2時間ずっと握ったババの手は冷たかった。


一年というときはやさしくやさしく流れ
母がいないということを理解できるまでになったけれど。


たいせつな人をなくすということ
300624 5
それは想像以上にかなしいこと。


2時間ずっと手を握りながらわたしが言い続けたことば。
それは「ごめんねやったね」でした。


たいせつなもの、たいせつなことを見失ってしまいがちな日常ですが
300624 6
さいごのそのときにはごめんねではなくありがとうと。


大切なものを持ちここに生きているわたしたち。
ここを覗いてくださったおともだちや通りすがりの誰かさん、
そして自分自身も
どこか心の片隅に置いて暮らして生きていけたらなと、そう思います。


去年5月31日。
さっき写真飾ったとよっていうわたしに
「そうね。今度見に行かんとね」
そう言って見ることもなく逝ってしまった母の棺に
縮小しすぎた写真を入れました。


毎日思い出しているから命日といってもあまり変わりないのだけれど


いまから5年前、母からもらったこのポストカード。
300624 7
さみしくなりすぎたら支えにして、これからの毎日も笑って笑って生きてゆこう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

清々しい朝

今朝早く夫を送り出して、6時前に開いたパソコン。
まさかこんなふうにネネさんに泣かされるとは・・・

「さいごのそのときにはごめんねではなくありがとうと」

そうね、そうよね。
そうありたいと、タオルに顔を埋めて何度も頷きました。

ポストカードの言葉。
優しくてあたたかくて・・・
間違いなく、ネネさんはマダムの子だと思いましたよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ばあばさんの一周忌!!
ショックだったのを思い出しました。
うちのラッキーは,余命宣告があって
悲しいながら,心の準備ができましたが‥‥
突然の別れは,辛いですよね。
5年前のポストカード!!
すばらしいですね。
ばあばさん!!
空の上で,今もそうおっしゃっているかな?
ラッキーパパも,
さみしくなったら,心細くなったら‥‥
ラッキーの名前を呼ぼうと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ネネちゃんが油断をしていたというその日
私もネネちゃんと一緒に当たり前が続くと油断してました。
ばっちゃんのお誕生日とタケノコご飯を食べた前日の事
私は両親の命日同様忘れることはないと思います。

ここで沢山の楽しいを下さったネネちゃんのお母様
心からありがとうございます。
お会いしたことはないけれど
オリーブちゃんを抱っこしたお母様を
ちょっと近くに感じています。




No title

   i-260 みかんさん

母を亡くしたあの日
こんな時間が続くと思って
やさしい言葉などひとつもかけていなかったことを
こころから悔やみました。
だから、ありがとうはいま言おう
以来そう思っています。

ババの古稀祝いにと
5年前、ばっくんも一緒に温泉へ旅行しました。
その前の日にもらったポストカード。
いつも何かしら買ってくるからね、
「もー、こんどはなに?」っていうと
「お母さんがおらんくなったときに」って。
いまでは大切な宝物です。











 
     i-260 ラッキーパパさんへ

お別れの時間というのは
きっと見送る人のためなのだと
あれ以来改めて感じています。

ラっちゃんのお空記念日ももうすぐですね。
ラっちゃん♪って呼んで
ネネもその日は過ごそうと思います。












   i-260 ぷ母

ほんとうに。
救急の待合室でメールを返しながらも
あーまだ帰れないんかな?
なんて自分のことばかり考えてた。
あのときはこんなことになるなんて思いもしないで。
だからね、余計にごめんねやったねでした。
あの夜交わしたことば、翌朝鳴らした電話。
何をとってもいまはまだ苦しいけれど
じかんはやさしく流れてくれてる。そう感じます。

お母さんが死んだらオリーブちゃんと一緒にして。
母との最後の約束は
ちゃんと守れました。^^

No title

   i-260 みかんさん

母を亡くしたあの日
こんな時間が続くと思って
やさしい言葉などひとつもかけていなかったことを
こころから悔やみました。
だから、ありがとうはいま言おう
以来そう思っています。

ババの古稀祝いにと
5年前、ばっくんも一緒に温泉へ旅行しました。
その前の日にもらったポストカード。
いつも何かしら買ってくるからね、
「もー、こんどはなに?」っていうと
「お母さんがおらんくなったときに」って。
いまでは大切な宝物です。











 
     i-260 ラッキーパパさんへ

お別れの時間というのは
きっと見送る人のためなのだと
あれ以来改めて感じています。

ラっちゃんのお空記念日ももうすぐですね。
ラっちゃん♪って呼んで
ネネもその日は過ごそうと思います。












   i-260 ぷ母

ほんとうに。
救急の待合室でメールを返しながらも
あーまだ帰れないんかな?
なんて自分のことばかり考えてた。
あのときはこんなことになるなんて思いもしないで。
だからね、余計にごめんねやったねでした。
あの夜交わしたことば、翌朝鳴らした電話。
何をとってもいまはまだ苦しいけれど
じかんはやさしく流れてくれてる。そう感じます。

お母さんが骨になったら
オリーブちゃんと一緒にして。
母との最後の約束は
ちゃんと守れました。^^
プロフィール

バニラネネ

Author:バニラネネ
2006年6月1日
自然に囲まれた
宮崎県都城市で生まれた
ばっくんことバニラです♪
とっても怖がりで、
ゆえにガウガウしますが
ニニとネネの
たったひとつの宝物だよ♪

バニラのあしあと。。。
☆★にほんブログ村★☆
☆参加しています☆
にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
☆ネネの大好きブログ☆
最新記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

365カレンダー
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード